設立趣旨

大阪狭山市のシンボルであり、市民の憩いの場となっている「狭山池」が2016年に築造から1400年を迎えます。
当時国家プロジェクトとして築造され、大阪平野に灌漑用水がいきわたり、第一次産業が生まれました。このプロジェクトは、「農民への恒久的な職の提供と広大な田畑の創出」を可能とし、1400年もの間、命の「水」として、現在も脈々と活用されています。
狭山池築造1400年の節目に、これまで恩恵を受け続けてきた「水」をキーワードに、「水素」と「ため池」を有機的に結び付け、脱炭素社会の構築に向け、「活用(地産地消)」、「利益(財源)」、「自立」を主たる目的に、新しい施策として打ち出し、次世代に引き継ぐことのできる「グリーン水素シティ®」の実現をめざします。

会社概要

会社名 メルシーfor SAYAMA株式会社
代表者 代表取締役 古川 照人
所在地 589-8501 大阪狭山市狭山1丁目2392-3 ラ・コスタ 101
設立年月日 2015年11月19日
資本金 1,000,000円
株主 大阪狭山市100%

社名の由来

メルシーforSAYAMA社名の由来

社名の意味

これまで先人が英知とたゆまぬ努力によって築いてこられた大阪狭山市を次世代に引き継ぐためには、この会社を成長、発展させることが今を生きる我々の責務であると思っています。
こうした思いから、フランス語のMERCI(メルシー)「ありがとう(感謝)」を基本コンセプトに、まず先人(過去)に感謝するとともに、この会社を設立できたこと(現在)にも感謝しなければなりません。そして、将来(未来)、世界から「ありがとう」と言っていただけるような会社(大阪狭山市)をめざします。

アクセスマップ

メルシーforSAYAMA地図